大阪自殺センター電話相談

電話相談 06-6260-4343
ボランティア応募の方へ


▼常設の相談電話番号

東京自殺防止センター
03-5286-9090
(毎日 20時〜翌6時※火曜は17時〜翌6時)
宮崎自殺防止センター
0985-77-9090
(日・月・水・金 20時〜23時)
熊野自殺防止センター
05979-2-2277
(金 19時〜23時)
岩手自殺防止センター
019-621-9090
(土 20時〜翌朝4時)
あいち自殺防止センター
0568-70-9090
(土 24時〜翌朝5時)



ホーム > ボランティア応募の方へ > ボランティア募集・研修日程

ボランティア募集・研修日程

自殺防止センターの電話相談員は、いつも人数が足りません。

新しく相談員になってくださる方の養成講座は年2回開催します。

私たちは仲間を迎えて大喜びです。

でも、仕事・体調・転居など続けられなくなる相談員がいます。

ある日のこと、緊張して相談電話を取ると、少しの沈黙のあと

あーっ、今日も、いてくださったんですね…

(相談員)「えっ、どうなさったんですか?」

電話の前にいつもいてくださる、と思うだけで、安心です。ありがとう…

こちらも思わず感謝・感謝で「ありがとう…」

自殺防止センターの知名度が低い?

名称がストレートすぎて参加しにくい?

死にたい、という気持ちを受け止めるのは、やはり重たい?

いろいろ、みんなで考えています。

じっくり、懸命に、気持ちを受け止めて

(声の調子が明るくなったかなぁ)

やっぱりしんどいけど、聴いてもらって少し楽です…

…今日は…死ぬの…やめます…

(あぁ、とりあえずよかった)

「またしんどくなったり、死にたいと思ったとき、かけてくださいね」

「ここの人はみんなあなたのお気持ち、聴かせてもらいますよ」

どうぞ、あなたも私達と一緒に活動しませんか。

お待ちしています。

ボランティア募集

第86期養成講座は5月10日から始まります。8月2日まで毎週水曜日10:00~13:00  受講していただく前に適性テストが4月26日(水)10時にあります。

養成講座募集要項
養成講座申込書

▼ 電話相談スタッフ
年2回(春季・秋季)募集。

養成講座及び電話実習の後、ボランティアとして認定します。MMPI(適性テスト)代三千円と養成講座費用 三万円 合計三万三千円が必要です。

認定後は月3回(1回5時間)の相談電話を担当していただきます(内1回は深夜を担当)。それ以外に月一回の継続研修があります。交通費などの手当てはありません。

▼ 運営スタッフ
自死遺族のわかちあいの会などの運営や、広報・募金・輸送・バザーなどの活動をしていただける方はこちらへ。

▼ 財政的な援助
ご支援に協力していただける方はこちらへ。ご寄付もよろしくお願いします。(いくらでも結構です。)

養成講座研修日程

受講に際してMMPI(適性テスト)4月26日(水)10時~ があります。その後、養成講座は約4か月間(一回あたり3時間の講座が週1回あります。)

第86期養成講座の期間は5月10日(水)~8月2日(水)まで毎週水曜日10:00~13:00

養成講座募集要項
養成講座申込書

▼ 電話実習
養成講座終了後、電話相談スタッフは実際の電話を受け、スーパービジョンによる研修に入る。実習期間約4ヶ月、その後約3カ月間仮認定期間があります。

▼ 認定・任命
所定の研修を経てディレクターが認定し、ボランティアとして理事長が任命する。電話相談以外の運営スタッフは養成講座終了後認定します。

▼ 講座内容
「ビフレンダーズ憲章」に基づき、ロールプレイを中心とした研修を行います。
ビフレンディングについて・傾聴とは?・自殺念慮を問う、「自殺の問い」の必要性・自己決定 など
相談員と相談者の役割をとっての研修です。

センター活動紹介の本ができました

2011年度大阪府自殺対策緊急強化基金事業により、大阪自殺防止センターの活動紹介の本を作りました。(※非売品です)

「ひとりよりふたり」全188ページ
2012年3月30日発行

ご希望の方は「ひとりよりふたり本希望」と備考欄に記載して、送料390円を下記の郵便振り込み口座にご入金ください。(できれば活動援助のために390円以上寄付金もお願いします)

郵便振替口座  00980-3-319839