大阪自殺センター電話相談

電話相談 06-6260-4343
活動報告


▼常設の相談電話番号

東京自殺防止センター
03-5286-9090
(毎日 20時〜翌6時※火曜は17時〜翌6時)
宮崎自殺防止センター
0985-77-9090
(日・月・水・金 20時〜23時)
熊野自殺防止センター
05979-2-2277
(金 19時〜23時)
岩手自殺防止センター
019-621-9090
(土 20時〜翌朝4時)
あいち自殺防止センター
0568-70-9090
(土 24時〜翌朝5時)



ホーム > 活動報告 > センターの歩み・活動

センターの歩み・活動

1977年から2008年にかけての活動の歴史をご紹介します。

活動年表

1977年  6月 関西いのちの電話から独立したグループ36名を0期として「危機介入」の再訓練を始める。
 11月 第1期基礎訓練開始
1978年  1月20日 午前0時、自殺防止センター相談活動開始。
 7月18日 チャド・ヴァラー氏講演「大都市における自殺防止」
1979年  1月20日 相談電話24時間受付体制スタート
 7月 自殺防止センターPR用標語及びポスターを公募。近畿2府4件と愛知、神奈川の小中高662校に呼びかける。
(大阪心斎橋ロータリークラブ・国際ロータリークラブ266地区・住之江ロータリークラブの協力による公募)
1980年  2月 「より良い夫婦関係を築くために」夫婦セミナー開催。
公募作品の展示発表会。(大阪大丸心斎橋店7階)
ポスター「立ち上がれ 明日が見えるよ」「考えよう 君だけの命ではない」標語「もう一度 いっしょにさがそう生きる道」
1981年  1月 理事会発足
理事長に安田光憲氏就任。面接室完成(NHK歳末援助金)事務室、電話室の改造(朝日新聞大阪厚生文化事業団。大阪府福祉基金助成、大阪心斎橋ロータリークラブ)
1982年  5月 維持会員向け機関紙
「ビフレンダー」第1号発行
1983年  9月 国際サマリタンズ連盟に加盟
1984年  6月 安田光憲氏理事長がチャド・ヴァラー氏(ロンドン)訪問。サマリタンズ7原則を相談活動、訓練に取り入れる
1985年  11月 チャド・ヴァラー氏を迎えて講演会とシンポジウム
「高度産業社会における中高年?その心と健康?」於・日本生命中之島研究所<シンポジスト>土井保氏(日本経済新聞社・社会部記者)/中村久美子氏(松下電器産業(株)産業カウンセラ)/福田俊一氏(淀屋橋心理療法センター所長)/
チャド・ヴァラー氏(英国サマリタンズ創始者)/<司会> 西原明氏(自殺防止センター理事)
1986年  4月 全体研修
「初心にかえって?聴くことからはじまる」大阪赤十字病院精神神経科医長 川端利彦氏
1987年  10月 英国サマリタンズ・ヨーク支部と姉妹関係を結ぶ
1988年  1月 10周年記念式典 於・福徳ホール
来賓講演「地域社会と精神衛生」大阪府保険福祉医療監 矢内 純吉氏
 2月 「ストレスと鬱病の時代?大人の世界・子供の世界?」
<講師>浜松医科大学精神神経科 教授 大原健士郎氏/大阪赤十字病院精神神経科 部長 川端利彦氏
1989年  6月 全体研修「バンコックブランチの活動について」バンコックブランチ ディレクター タナコーン氏
1990年  6月 韓国ラブライン10周年記念講演会に参加。チャド・ヴァラー氏来日。
研修会、オープンハウス、理事との交歓会。
1991年  1月 国際サマリタンズ連盟が国際ビフレンダーズ(Bifrienders International)に名称統一。
自殺防止センターも「国際ビフレンダーズ・大阪自殺防止センター」に改称。
 6月 日・韓交流研修 於・島之内教会
1992年  1月 ハングルライン(韓国・朝鮮語による電話相談)を週一回(火)開始。
 6月 韓国・ロシア・日本交流セミナー(ソウル)参加。
1993年  3月 西原由記子所長、第3回ミキ女性大賞受賞。
15周年記念事業。
 5月 ◇土橋薫オルガンリサイタル(於・いずみホール) ◇切り絵はがき・カード作成
 11月 公開講演会とシンポジュウム 「東アジアにおける自殺防止活動」 於・大阪市立中央会館
 11月 B.I.東アジア研修会 於・京都修学院関西セミナーハウス
1994年  6月 音楽と講演の夕べ 於・島之内教会
韓国社会福祉法人サラエチョナ(愛の電話)<会長>沈 哲湖氏<オルガン演奏>土橋 薫氏
1995年  1月 阪神・淡路大震災の心のケアーの為のアウトリーチ活動。
西原由記子所長「大阪YWCAこころサバイバル・ネットワーク」の現場責任者になる。六甲小学校にて日曜日毎の茶話会(12月15日まで)
1996年
1997年  6月 20周年記念事業
<東京講演>ノーマン・キアー氏(国際ビフレンダーズ委員)◇「英国における自殺防止活動」自殺予防学会 ◇「自殺防止とビフレンディング」銀座教会 ◇「ビフレンディング 死にたい人の叫びに耳を傾ける」東京神学大学<大阪講演>「音楽と講演のつどい」朝日生命ホール ◇講演「自殺防止とビフレンディング」 ノーマン・キアー氏(国際ビフレンダーズ委員) ◇関西室内楽協会 演奏
 11月 東京ブランチ設立準備委員会発足
1998年  1月20日 20周年記念パーティー開催
 3月 東京ブランチ開設 激励会開催
 7月20日 自殺防止センター東京 相談活動開始
1999年  10月 特定非営利活動法人(NPO)設立申請。
20周年記念誌発行
2000年  4月7日 姉妹関係のヨークセンター(イギリス)からナンシーさん来所。英国サマリタンズの活動、コーラーの状況などを聞く。
 8月 ホームページ開設
 8月25日 自殺者の遺族のケアを考える会 発足
 12月1日 大阪自殺防止センター「自死遺族の会」(現、土曜日のつどい)
第一回目開催
2001年  10月13日 社協助成公開講座開催「なぜ死に急ぐ!自殺防止のために」
場所:大阪府社会福祉会館 5階ホール 198名参加
2002年  4月29日 松山自殺防止センター 開設
 3月1日 開設25周年記念講演会 約600名参加「生きているってすばらしい ???頑張らない あきらめない 希望をすてない」
 10月17日 関西学院大学男性学生2名・府立島上高校女子生徒5名見学
 12月8日 大阪市人権協会取材 人権情報誌「ヒューパワー」に掲載
 12月 地下鉄主要駅にポスターを貼付、パンフレット設置
BI清算後、国際部門の活動はサマリタンズの元で新たな方向を探ってきましたが、新たな名称が「Befrienders Worldwide」と決定
2005年  3月12日 ヒューマンメッセージinおおさか2005 参加
場所:なんばパークス1F 出店(パネル展示、パンフレット・カード配布)
 3月13日 ヒューマンメッセージinおおさか2005 参加
 3月31日 センター引っ越し:港区のpiaNPOへ
 5月29日 自殺総合対策推進に向けて3万人署名活動 梅田にて
 9月10日 自殺防止街頭啓発活動
 10月21日 YMCAインターナショナルスクール「フード&エンターテイメントフェスティバル」参加(弁天町)
 11月22日 知事表彰
 12月22日 大阪府自殺対策連絡協議会参加
2007年 
 2008年  1月20日 相談電話開始から30年